振袖・袴はネットでレンタル

ハイエースは海外でも大人気な車なんです!

和装イメージ 『ハイエースのカスタムパーツ』は、荷物も人もたくさん運べるハイエースについてあまり詳しくない人達にもわかりやすく、 お勧めの外装のカスタムパーツ、内装のカスタムパーツといったカスタムに関するあらゆる情報を紹介します。 やりすぎて車検に通らなくならないように注意しましょう。
ハイエースは
人をたくさん乗せられる(6~10人乗りまでカスタムできる)
荷物をたくさん積める
など、自分好みのカスタマイズがたくさんあることから、ファミリーのみでなく、趣味のために所有している人が多いです。
前述の通り、カスタマイズがたくさんあると言う利点を生かし、特装車も多く見られます。 日本人として一番身近なハイエースの特装車と言えば、救急車、警察車両ではないでしょうか? これらは普通のハイエースと異なり、車体強度の向上がされているほか、移送する患者に極力振動を与えないようサスペンションに専用チューニングを施すなど「特別仕様」となっています。
その他にもウェルキャブ(福祉車両)にも多く採用されています。
また、その人気は日本国内だけに留まらず、海外にも広がっています。 海外では特に大人数乗りのモデルが人気で、バス代わりに使っているところもあります。 特に、アジア、中東、アフリカの国で人気が高いです。
その他、日本車は頑丈で壊れにくいことも人気の一因です。
さらに、個人使用だけでなく、社用車としても広く使用されています。大型の商品や荷物を積載できるので、ビジネスユースにも大変便利。 ハイエースの大きな車体なら、企業や商品の広告をマグネットシートに印刷して貼ることで、PR活動もできます。
このように活躍の場が多くあるハイエースのカスタム事情について紹介していきたいと思います。

マグネット印刷館
車用マグネットシートの印刷を3営業日以内で!
ご希望の大きさ、デザインで小ロットから受注を承ります。
ホームページからお問い合わせください。
https://magnetprint.net/shop/

Contents

  • 外装パーツイメージ

    外装パーツ

    自動車のカスタムと言えばまずは外装、外側の見た目から!! 見た目をかっこよくするだけで、テンションが上がりますよね。 カスタムするならどこから始めようかと思案する悩み多きオーナーですが、まずは外装からいじってみようとするのが性別に関係なく多数派になるのではないでしょうか。 実用性よりもとりあえずは見た目を良くしたいと考えるのは若者の方が多そうですが、年季の入ったオーナーでも同じように目に付く所からカスタムしようとする人がわりといるのは、幾つになっても車に対する情熱の注ぎどころは変わらないということのあらわれかもしれません。 便利な車もいいけどかっこいいカスタムカーに乗りたい、そんな思春期の少年のような心を永遠に持ち続けているのでしょう。 ハイエースなら、かっこいい自分好みのカスタムで便利な車を持つことができます。

  • 足回りのイメージ

    足回りのカスタム

    足回り(足周り)とは言葉が表している意味をそのまま受け取ればよく、足の周りのことを指しています。 自動車の足はタイヤなので、タイヤの付近にあるパーツが足回りに関係する部品です。 重量のあるハイエースの車体をたった4つのタイヤで支えているので、軟弱な足回りでは安定した走行ができなくなり乗り心地にもとても影響するので重要なパーツです。 コーナーリングでフラフラしたりデコボコの道で激しく揺れるようでは運転手は大丈夫でも、後部座席や助手席の同乗者は車酔いしてしまいます。 安定した走行と足回りは密接な関係があるので、自分のスタイルに合わせてカスタムする価値は充分にあるでしょう。

  • 車中泊イメージ

    車中泊用品

    ハイエースを所有するのなら車の中でお泊りする機会に恵まれるかもしれません. 張り切ってキャンプに来たものの、寒すぎてテントで寝られない・・・ そんな時に、車中泊ができるようにしておくととても便利です。 もちろん、テントよりも保温性などが高いので、風邪を引きがちな小さなお子様や、虫が苦手なママも安心して眠ることができます。 遠出をする時には、疲れたパパが仮眠を取るのも楽々です♪ ガッツリ車中泊が出来る装備~軽く仮眠程度の装備まで、自分のニーズに合わせて揃えてみましょう。

  • 内装パーツイメージ

    内装パーツ

    愛車をカスタムするのは周囲をぐるりと歩けば気が付くような外観を優先して内装は後回しにしたがるかもしれませんが、運転手やドライブに付き合ってくれる同乗者のことを考えると内装も手抜きをしてはいけません。 車内にいる間に気になるのは内装のほうですし、お金をかけてカスタムするならこっちを優先すべきだろうという意見も毎年誰かに聞かされます。 費用対効果で言えば内装を充実させたほうがいいかもしれない、それは私も思いますし見た目ばかりに拘ってはカスタムの境地には到底たどり着けません。 外装のカスタムに区切りがついたら内装も始めましょう。